営業マン型ウェブサイト(ホームページ)

営業マン型ウェブサイト(ホームページ)とは?

 

よくある例えに「ウェブサイト(ホームページ)は24時間働く優秀な営業マン」というものがあります。

よく最適化されたウェブサイト(ホームページ)は、どんな優秀な営業マンよりもよく働き、会社に利益をもたらしてくれます。

なので、せっかくウェブサイトを制作するなら、『売れる営業マン型ウェブサイト(ホームページ)』を作りましょう。

 

売れる営業マンと売れない営業マン

 

売れる営業マン型ウェブサイト(ホームページ)

 

売れる営業マン型ウェブサイト(ホームページ)とは、お客様の課題・問題・悩みを解決できるウェブサイトのことです。

 

売れない営業マン型ウェブサイト(ホームページ)

 

ある商品を売る営業マンとします。

その営業マンは、お客様にその商品のいい所を丁寧にわかりやすく伝えます。

しかし売れません。

ウェブサイト(ホームページ)に置き換えて説明します。

ある商品をウェブサイト(ホームページ)を使って売り込みたいとします。

その商品のいい所を丁寧にわかりやすく書きます。

見てはもらえるかもしれませんが、売れません。

自分の事しか話さなかったり、書いたりする営業マンは売れない営業マンです。

なので、売れない営業マン型ウェブサイト(ホームページ)とは、自分の事ばかりを書いているウェブサイトの事です。

 

営業マン型ウェブサイト(ホームページ)制作の流れ

 

①:お客様の悩みを解決する
②:ウェブサイトを見ると①が解決する
③:②の根拠を伝える
④:お客様の行動(お問い合わせ・資料請求・商品購入など)

この①~④の順番で、ウェブサイト(ホームページ)を制作すれば、営業マン型ウェブサイト(ホームページ)を制作する事が可能です。

 

まとめ

 

この記事を読んでいただき、ありがとうございます。

この記事だけではわからない、もっと詳しく知りたいという方は、下記までお問い合わせください。

お問い合わせ

さっきの続きにもどる